2015年3月
« 11月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


日別アーカイブ: 2015年3月28日

チリワインレポート③〜マイポ、コルチャグア

チリの代名詞的存在のマイポヴァレーには大手のワイナリーが位置してきます。サンチャゴからのアクセスのよさも、その発展を支えています。

多くのワイナリーはチリ各地からのブドウによりワインを造っていますが、ワイナリーはマイポ、カチャポアルといった中央部にあります。
また大手ワイナリーはバルクなど大量生産のワインにより、蓄えた資金でプレミアムワインを造り、ブランディングをしているのです。
大量生産型のワインには多かれ少なかれ、土着品種のパイスがブレンドされているので、「パイスなんて知らない」という人も、知らずに飲んでいるということになります。
ヴィーニャマイポは、年産2400万本、チリ第4位の輸出をまかなう大手ワイナリーです。マイポヴァレーの中流部にプレミアムワインだけの畑があります。
ワインメーカー、マックス・ヴァインラブさんは三アイテムだけをじっくり時間をかけ、説明してくれました。
ここはマイポでも、午前は海から、夕方からはアンデスからの風が吹き抜ける、好環境にあるといいます。
丘の頂上から畑を見降ろし、自分の目指すワイン造りが、ここでだけは許されていることを感慨深げに話していたのが印象的でした。
Alto Tajamar 2010は、 シラー(88%)によるプレミアムワインで、2009年がファーストヴィンテージです。ほぼまっ黒という濃い色調ですが、香りは控えめで、深みがあり、マックスさんのようです。ブラックチェリー、黒オリーヴ、黒土、黒胡椒、そこにスミレの香りが華やかさを与えます。洗練された、かつ、ジューシーが感じられるワインです。味わいは流れるようなスムースさと、ヴィロードのようなタンニンが心地よく残ります。
コルチャグアのアパルタはチリ屈指の銘醸畑として別格視されています。そのアパルタを大手ラポストールと分けるようそびえるのが、プレミアムワイナリーの代名詞、モンテスです。
創業25周年という若いワイナリーですが、見事な景観と施設が売り物で、多くの観光客で賑わっています。
チリで最初の重力による(ブドウやワインをポンプで移動させない)施設を備えたワイナリーには、音楽が流れる熟成庫や、数多くの豪華なテイスティングルーム、広々としたテラスでは食事もサービスされます。ハイキングなどの有料オプションも人気だそうです。
125haにわたり広がるApaltaの畑は、標高250-450m、70% が斜面という地勢に恵まれています(コルチャグアはほとんど平地)。
花崗岩質土壌の畑から生まれるワインは、よりエレガントな特徴をもつといいます。
カルムネールによるプレミアムワインの草分けともいわれるPurple Angel Colchagua Carmenere 2012 は、色は大変濃いものの、香りは穏やかで、濃縮感にも抑えがきいています。アメリカンチェリーやカシスの蕾のようなはっきりとした果実香、ジューシーな味わいは、豊富なタンニンによる堅固な余韻を残します(プティヴェルドが8%ブレンド)。
トップキュヴェのAlpha M は、2000、2006、2011とテイスティンしましたが、2006が特に素晴らしく、香りは控えめかつ、閉じていますが、深みを感じさせる、杉やスパイス、そして複雑さを与えるヴェジェタルな香りと、ペサックレオニャンのグランシャトーの風格を漂わせていました。

 

 


カテゴリー: 未分類 |