2015年3月
« 11月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


日別アーカイブ: 2015年3月22日

チリワインレポート

雄大なアンデス山脈

チリワインといえば、1995年の赤ワインブームの主役「チリカベ」、ユーカリやカシスの芽の香りがプンプンする、甘いカベルネで日本市場に台頭。その後、ブームが去ると過剰生産に苦しむ。「1ケース買うと、5ケースついてくる」なんて話も耳にした。

近年は、アルマヴィーバ、クロアパルタといったプレミアムワインもすっかり認知され、ミドルレンジに高品質なものが多くみられるようになってきた。生産地も、マイポにとどまらず、クールクライメイトのカサブランカ、サンアントニオのレイダヴァレー、カチャポアル、マウレ、ラペル、そしてビオビオと、注目の産地も増えてきた。
見直されるカリニャン
サンタカロリーナは、首都サンチャゴ郊外にある、チリで最古のワイナリーの一つで、生産量は第3位をほこる大手メーカー。ワイナリー創業時に植樹されたパームツリーがシンボルになっており、ローマ風のセラーが印象的だ。

1875年植樹

チリの土着品種パイスは古くは全土にブドウ畑の多くを占めていたが、1900年初頭の政府の推奨により、カリニャンがとって代わるようになり、マウレでは(今でもパイスは根強いが)、カリニャンがスペシャリティの一つとなっており、VIGNOと呼ばれるカリニャンを使ったワインを14の生産者が作っており、その個性を見直そうという動きもある。
サンタカロリーナ、Specialties Carignan 2011は、マウレのカウケネスでつくられるカリニャンで、果実香にあふれ、アメリカンチェリーや野いちごの風味がアルゼンチンのマルベックを思わせる。味わいは、素朴な印象で、酸味とアルコールのヴォリュームがしっかりと感じられる。南米らしく、アサード(牛肉やソーセージのBBQ)と楽しめる。
マウレの辺りは、ドライファーム、灌漑をしないブドウ畑も多く、自生のカリニャンも存在するという。こちらワインビジネスを営む、和田恒多さんに、その貴重な自生カリニャン(仕立、剪定をしない)をテイスティングさせていただいた。
ヴィリャロボスによるVinedo Silvestre Colchagua Carignan 2012 は、大変複雑なワインで、酸化熟成による、動物的なニュアンスと、枯葉、ドライフラワーの香りに、柔らかみのある、スムースな味わいが特徴。
和田さんによる、カルムネールよりもカリニャンのほうが、チリらしいワインとして今後は伸びてゆくのではないかという。
次回は、世界に誇る赤ワイン産地、アコンカグアの、2件のワイナリーを訪問します。

 

 


カテゴリー: 未分類 |