2014年11月
« 8月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


月別アーカイブ: 11月 2014

オーストラリア② グリフィス

オーストラリア2日目は、同じくニューサウスウエールズ州の、

グリフィスにやってきました。ワイン産地としては、リヴァリーナRiverinaというエリアになります。

プロのあいだでも、あまりよく知られていないエリアで、もちろん私もどんなところ説明をするのは困難な、「知られざる土地」といってもよいでしょう。

 

しかし、大変特徴のあるワイン産地だったのです。

こちらも、主要品種はセミヨンとシラーですから、ハンターヴァレーと同じです。

リヴァリーナの特徴は、ほとんどのワイナリーがイタリアからの移民によって創立されていることです。グリフィスの半分はイタリア系で、街にはイタリアンレストランが点在するという、「プチ・イタリア」なのです。

まさにイタリア!「カラブリア・ワインズ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ブドウ品種も、ピノ・グリージョをはじめ、ヴェルメンティーノ、モスカート、ネロ・ダヴォラ、モンテプルチャーノ、アリアニコとイタリア品種によるワインがテイスティングではずらりと並びます。

そしてどれも快適な味わい、イタリア料理とマッチします。

白も、赤も、香りは穏やかな印象ではありますが、ピュアに品種の個性が感じられ、味わいにはやわらかさ、アフターの心地よいバランスがある、飲み進みするワイン、が土地全体の個性といえるでしょうか。

ここでも驚きは、白ワインがはっきりとした酸味を持っていることです。ニューサウスウエールズはより気温が高く、酸が少ないというのは、大きな誤解のようです。

 

 

 

 

 

 

また、デュリフと呼ばれる黒ブドウによる赤ワインをどのワイナリーも造っていて、このエリアの特徴づけを手伝っています。

デュリフは、カリフォルニアでもともとシラーと認識されていた品種ですが、別の品種で、色は濃いのですが、スパイシーというよりは、濃縮感の果実の香りと、厚みのあるクリーミーな味わいと際立った酸味が特徴です。日本のブラッククイーンに似ているような印象を持ちました。

 

少し残念に思ったのは、ほとんどのワインは、リヴァリーナとラベルには表記をせず、単にニューサウスウエールズとしている点です。

もちろんセールスがあってこそで、分かりにくさを配慮してのこととは思いますが、リヴァリーナの認知度が上がって、ラベルに堂々と表記されることを願っています。

 

 

リヴァリーナワイナリーが一同に会したもテイスティング会

ぶどう畑の側に咲き誇る「Snow in Summer」(ティーツリー)

 

 


カテゴリー: 未分類 |