2014年6月
« 9月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


日別アーカイブ: 2014年6月6日

南仏 アヴィニョン

今回から、何回かに渡り、南仏は、ワイン産地でいうところのローヌ南部地方のツアーレポートをします。

パリからTGVで南に向かうと3時間ほどで、今回の拠点、アヴィニョンに着きます。パリは昨日(6/5)、10°とかなり涼しいのですが、アヴィニョンは26°!、日中は30°を超しました。それくらい、陽光に恵まれた土地なのです。

アヴィニョンTGV駅

 

 

アヴィニョンは、フランスでもかなり古い都市で、ローマ法王庁が14世紀には移されていたこともあり、ローマによる影響が色濃く残ります。また農産物も大変豊富で、ワインはもちろんのこと、イチゴやさくらんぼ、アンズなどのフルーツ、野菜、オリーブオイルにチーズと美味しんぼにたまらない食の宝庫です。地中海で水揚げされた魚介もふんだんです。

 

アニメのようなホタテ貝

ガリゲットという品種

旬のシェーヴルチーズ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここアヴィニョンを中心に広がるのが、芳醇な赤ワインを生み出す、グルナッシュ種の最適地、南部ローヌ地方です。ワイン産地のくくりでは、「ローヌ地方」なのですが、気候、風土は完全に地中海地方なので、地元の人たちは、「プロヴァンス地方」と認識の違いがあるのが面白いところです。

今回の訪問したのは、2000m級のヴァントゥー山の麓に広がる、ヴァントゥーのシャトー・ペスキエです。

ヴァントゥー山。白いのは雪ではなく、石灰岩。

 

地中海へそそぐ、ローヌ河左岸、東のアルプス、西の中央山塊からの冷たい空気、地中海からの穏やかな風、北から吹き付ける乾燥した突風「ミストラル」により、ブドウはしっかりと、かつゆっくりと成熟してゆきます。南部ローヌ地方でも、収穫は遅いほうに入るそうです。こういった環境からは、熟した果実味とフレッシュ感をもたらす酸味、緻密かつスパイシーな渋みをもつ赤ワインが生まれます。

そのちょうど中心に位置するマルモワロン村にシャトー・ペスキエがあります。協同組合の(並の品質の)生産が多くを占めるヴァントゥーにあって、そのテロワールのポテンシャルを最大限に引き出すワイン造り、地域を牽引しています。

 

マルモワロン村

シャトーペスキエ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイナリーを営むショーディエール家、父ポールさんが始めた土壌の調査、その多様性を理解したブドウ栽培と芳香豊かでフレッシュ感のあるワイン造りを、二人の息子さん、フレデリックとアレクサンドルがしっかり受け継いでいます。

シャトーペスキエ

ステレンス製発酵層

最新システム(OXOといいます)による樽熟成

ワインナリーを取りしきるフレデリックさんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャトー・ペスキエのワインは、カーブドリラックスで取り扱っています。

http://www.cavederelax.com/shopbrand/009/X/

次回は、「法王のワイン」シャトーヌフ・デュ・パプを訪問します。

 


カテゴリー: 未分類 |