2013年5月
« 4月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する



ワインと価格

ワインは大変価格に正直なアイテムです。
一部の希少ワインを除くと、その品質や味わいはほぼ価格と
そのヴァリューが比例しています。

テレビ番組で、ワイン好きの芸能人が
ブラインドで試飲して、どちらが高いかを当てるというのが、
なかなか当たらないのをご存じだと思います。

それは、テレビ番組収録という緊張感と
そういった場で試飲をするのに不慣れであるということ、
なによりコンディションの微妙なアイテムをだすことにより
(高級ワインがその真価を発揮できていない)、
分かりづらくさせているのです。
おそらくディレクターは「分かりづらいものを」と
探し回ってることでしょう。

言いたいのは、ワインは価格を裏切ることは
あまりないということです。

今日はその価格帯による、個性の違いについて
お話ししたいと思います。

その価格が高いか安いかは、個人の認識により違います。
¥5,000のワインを安いと思う人もいれば、
¥2,000のものを高いと思う人もいるでしょう。

ここでは、一般的な尺度ということで、
価格帯を分けたいと思います。

低価格帯
小売価格で¥2,000以下のワインです。
業務向け、一般向けともに最もよく動いている価格帯です。
酒販店さんに伺うとよく売れているのたいていこの価格帯です。

この価格帯のものは、主に原料となるブドウ品種の個性が楽しめます。
果実味がゆたかで、やわらい味わいのものが多いです。
一番の特徴は当たり外れが大きいことです。
それは価格が下がるほど、大きくなります。

特に有名銘柄であるにも関わらず、
この価格帯で買えるものは要注意です。
シャブリ、ブルゴーニュの赤、イタリアのキャンティなどです。
たいていの場合、その真価は発揮されていません。

反面、発見の喜びがあります。
気に入ったものがリーゾナブルな価格で手に入るのですから、
その喜びもひとしおです。

中価格帯
¥2,000〜¥4,000のものです。
ブドウ品種の個性はもちろんのこと、
その土地の特徴がワインに反映されてきます。

「ワインはテロワール(その土地の気候風土、
文化、習慣、人)を楽しむもの」といわれます。
いわばワインの真髄、これを体験するためには
この価格帯のワインです。

このゾーンになると安定感がグンと増します。
ハズレはあまりなく、粒ぞろいです。
ボトルやラベルがかもし出す雰囲気も
いかにもレベルの違いを感じさせてくれます。

現地に行くと、これらのワインが¥2,000前後で楽しめるので、
羨ましい限りです。

高価格帯
¥4,000以上の、いわゆる高級ワインとなります。
「¥3,900から¥100違うだけで、そんなに変わるのか」
というと、そこは微妙なところがありますが、
このゾーンになると格調高くなることは間違いありません。

これらのワインを開けることは、
最高のおもてなしであり、
特別な気分、時間を演出してくれます。

しかし、ここは今日のテーマと矛盾する点があります。
それは価格設定が、純粋にワインの品質だけでない
部分も出てくるということです。

プレステージの高いブドウ畑(エリア)のものであったり、
評価の高い作り手のものであったり、
高名な評論家が高い評価をした場合などは、
それだけで買いが殺到するので、それに伴い、
価格も上がってしまうのです。

最後に、使い分けについて。
世紀の美食家 キュルノンスキーによると、料理は

① 家庭料理(日々の食事)
② 地方料理(ビストロなどで提供される食事)
③ 高級料理(レストランで提供される食事)

以上の三つに大別されます。

ワインもそこにそのまま当てはめることが出きます。

デイリーワイン、ウイークエンド(ホリデー)ワイン、
そして特別なオケージョンに華を添えるワイン。

TPOを合わせると
ワインの楽しみは何倍にもなるものです。


カテゴリー: 未分類 |