2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


月別アーカイブ: 3月 2013

ソムリエ 森 覚

森 覚 ソムリエ

 

1977年生まれ、中田英寿世代、松嶋啓介シェフと同い年のソムリエです。

 

現在、トゥール・ダルジャンに勤めています。

 

今、もっとも注目されているソムリエです。

 
彼を初めてみたのは、

田崎真也さんが主催していた若手育成を主旨とした「コミ・ソムリエコンクール」でした。

参加選手のなかでもとりわけ若く、

1人だけ白いタブリエ姿で(ソムリエは普通黒をつけます)、最後のほうに登場しました。

とても落ち着いていて、正確、センスがよく、いかにも賢そう、という印象でした。

そう意味では、あの時点で今の森さんは出来上がっていた、といえるでしょう。

「優秀なソムリエが出てきた」と、周囲に話していたのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

森さんが、ソムリエを志したきっかけは、学生時代、ソムリエコンクールをみて、教員志望を一転。

翌日にはソムリエ協会に

「ソムリエになりたいのですが」と電話をしたそうです。

即断、即実行。穏やかで、おとなしそうな風貌からは想像できません。

パークハイアットに就職、ニューヨークグリル勤務もなると、その行動力で社内の評価を勝ち取り、

注目の新人となっていたようです。

当時ニューヨークグリルに、「ワインを勧めて行こう」という風潮はなかったとのことですが、もちろんソムリエへの道を確実に進んでゆきます。

コミ・ソムリエコンクール入賞を皮切りに、国内コンクールを次々と優勝してゆきました。

 

 

 

2003年 第4回ロワールワインソムリエコンクール優勝
2005年 第3回ジャルックス・ワインアワード 優勝

 

「ソムリエになりたいので、退職します」
名実ともに国内トップの座にいたパークハイアット、それも社内で抜群の評価を受けながら。
即断、即実行の男なんですね。

「ニューオータニ!??」

境遇も悪くないのに、パークハイアットからニューオータニに転職するホテルマンは後にも先にも

彼しかいないでしょう(ニューオータニが悪いといってるわけではないですよ)。

社内の猛烈な引き止めを振り切って、ニューオータニへ入社、トゥール・ダルジャンでソムリエとし

ての新たなキャリアを積み上げてゆきました。

 

順当に全日本最優秀ソムリエコンクールを優勝すると、

アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクールにも優勝。

 

 

 

 

 

 

 

2010年には世界最優秀ソムリエコンクール チリ大会に出場、準決勝まで駒を進めました。

私はビデオでその模様をみましたが、森さんの出来はとてもよく、

決勝に進めなかったのが不思議に思ったくらいです。

そして、いよいよ今年、二度目のチャレンジです。

私も経験があるのですが、二大会連続出場は、出来が格段に良いものになります。

前回の経験が多いに活きるからです。

去年から、世界大会に向けて、トレーニングを一緒にしていますが、

テイスティング、サービス、語学と見事に磨きがかかってきています。

きっと素晴らしい結果を出してくれるものと確信しています。

3月29日国際フォーラム、ぜひその瞬間を見に来てください。

下記サイトで登録をすれば、どなたでも観戦できます。

大規模な試飲・展示会も同時開催されますので、ぜひ!

日本ソムリエ協会
http://www.sommelier.jp/

世界最優秀ソムリエコンクールおよびテイスティングフェスタ 登録
http://www.inter-food.org/tf/


カテゴリー: 未分類 |