2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


月別アーカイブ: 2月 2013

ソムリエコンクール

ソムリエコンクールは、日本でも大変盛んで、
長い歴史があり、歴代のソムリエ協会会長も、
コンクールの上位入賞の経歴を持っています。

このソムリエコンクールの影響というものは
絶大なもので、本当に人生が変わってしまいます。

コンクールの決勝は公開で行われるのですが、
1000人近くの人が集まります。

メディアも専門誌だけでなく、一般誌、
テレビの生中継も入るほどです。

大変な迫力と緊張感のなか審査が行われ、
優勝者が発表されるとメディアに囲まれ、
インタヴューの嵐、翌日にはワイドショーへの
生出演なんていうこともあったりします。

このコンクール、どのような内容かというと、
正式名称は、「全日本最優秀ソムリエコンクール」
といい、日本ソムリエ協会が主催しています。

まず予選が全国で開催されます。
150人ほどがエントリーします。

そこで、筆記試験とブラインドテイスティングが
行われます。

この筆記試験が難関なのです。
なにせ試験範囲などありません。

ワイン産地、ブドウ、栽培、醸造、熟成、
病害虫からワイングラス、コルクについて
まで、ありとあらゆることが出題対象です。

ワインだけではありません。

ブランデー、ウイスキー、リキュール、
ビール、シードル、焼酎、ミネラルウォーター、
コーヒー、紅茶、カクテル、シガーと、

レストランでお客様が口にするあらゆるものです。
もちろん料理の問題も出ます。

この筆記試験で20名くらいまでふるい落とされます。

どんなにソムリエとして豊富な経験や優れた技術を
有していても、この筆記試験にパスしないと
その技術を審査してはもらえないのです。

この筆記試験をなかなかクリアできず、
コンクール挑戦を断念してしまう
ソムリエも少なくありません。

準決勝は、実技試験です。

審査会場である小部屋に通されると、
審査員と、ゲスト役のスタッフがテーブルに
着いていて、与えられたシチュエーションで、
サービスを行うのです。

例えば、
「シャンパーニュと白ワインを3分で用意、
サービスしてください」とか、

「マグナムボトル(1.5リットル)のシャンパーニュを
16人にサービスしてください」

など、スピードや正確さを測る審査が行われます。
ここで普段通りに上手くできる選手は
全体の3割ほどです。

みんな緊張のため、普段ではあり得ないような
ミスをしてしまうのです。

続いてはテイスティング。

グラスに注がれた液体を色合い、香り、
味わい、サービス法や合わせる料理、
保存期間などをコメントしてゆくのです。
ワインとは限りません。日本酒が出ることも
あります。

ここでは、銘柄を当てることよりもセオリー通り、
確実にコメントすることが求められます。

一つのワインに対して時間は4分ほど、
ゆっくり考える猶予はありません。

コメントをしつつも、頭をフル回転させて、
世界中のワインという選択肢から、
銘柄を絞り込んでゆくのです。

もちろん、当たるに越したことはありません。
得点になるのですから。

こうして、上位3ないし4名が公開決勝へと
進むのです。

*次回は決勝についてお話しします。


カテゴリー: 未分類 |