2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


日別アーカイブ: 2012年11月14日

いいワイン

「いいワインとはなんですか?」

こんなごく素朴な問いについて、お話したいと思います。

以前、あるワイン講座で、参加の皆さんにその質問をしたことがあります。

- 高価なワイン
- 希少なワイン
- 熟成したワイン
- 偉大な産地(ブドウ畑)と評されるところから生まれたワイン

などなど答えが帰ってきました。

どれも間違いではありませんが、

「高級なワイン=いいワイン」という結論でまとめることができます。

それでは次の問いです。

「高級なワインは美味しいのですか?」

これは、必ずしもそうではないことは明解ですね。

「美味しい」は好みの問題なので、

渋いワインが嫌いな人もいれば、

酸っぱいワインが好きな人もいます。

ですが、日本人はやはり高級ワインが好きなようです。

ワインは日本でもかなり定着した感があり、

コンビニでも買うことができます。

しかし国民1人当たりのワイン消費量は3リットル/年そこそこです。

これは、フランス、イタリアの10分の1にも満たない数字です。

ワイン本家の両国だけでなく、

先進国として最もワインを飲んでない国でもあるのです。

にも関わらず、高級ワインの代名詞シャンパーニュや

ブルゴーニュという括りでみると、トップ10に踊りでます。

やはり、高級ワインがいいワインなのでしょうか。

すべてのワイン生産者が高級ワインを

作っているわけではありません。

むしろ、高級ワインを作っているのは

一部の生産者に限られます。

それでは、世の中にいいワインは

ごく一部で作られているだけ、

ということになってしまいます。

料理に例えられますね。

超高級フランスレストランの料理はいい料理で、

カジュアルなビストロの料理はいい料理でない、

なんてことありませんよね。

白トリュフをタップリ振りかけてパスタも、

トマトソースであえただけのパスタも、

人には同じ感動を与えます。

ワインも同じようにいえると思うんです。

(次回に続く)


カテゴリー: 未分類 |