2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する


日別アーカイブ: 2012年10月4日

ソムリエの仕事③~イベント

ソムリエはイベント好きです、いやイベント好きがソムリエに向いてます。

皆さんの周りにもイベントを仕切るの大好きな人っていますでしょう?

イベント好きといっても仕切るのが好きな人です。

みんなで集まる機会、何かをお祝いする機会、学ぶ会、競う会、

そんな機会に目をつけて、企画します。
そして、いつ、どんな主旨で、どこで、どんな人を、何人くらい集めて、

いくらで、どんなアトラクションを入れて、どうやってショーアップして、

とアイディアを次々に巡らせてゆきますよね。

次に大事なのは運営です。

きちんと準備しないとせっかくのアイディアも自己満足で終ってしまいます。

ヒト、モノ、カネ、ジカン、そして情報伝達を入念行ない、イベントの成功に尽くします。

帰りの足や二次会まで配慮して。
* * * * *

ソムリエはワインを作るわけではありません。

卓越した職人に贈られる「現代の名工」にエントリーしている職業で、

モノを作っていないのはソムリエだけです。

なので、ソムリエの仕事は、ワインを選び、手配をして、

きちんと準備をして、どのように楽しんでいただくか、

に重心が置かれるのです。

そしてワインというツールは我々ソムリエに様々な工夫を施すことを許してくれます。

ワインを選ぶ時に考えるのは、このワインは、

いつ、どんなシチュエーションで、どこで、どんな方に、

いくらで、どんな演出をして、サービスすると、本当に楽しんでいただけるか。

つまり、「この白ワインは、初秋の、ランチタイムで、少し冷やしめにして、

グラスは少し大ぶりのもので、友人同士の美味しいものを食べる会のような会食に、

栗を使った魚料理と楽しんでいただこう。

さらには、フランスのコルシカ島(栗の名産地)の装飾を施したテーブルで、

テーマは「夏の名残り」

ドレスコードは「シックなマロンカラー」にして、お土産にはマロングラッセを用意して、

BGMは…..

とアイディアを次々に出してゆくのがソムリエなのです。

ソムリエの仕事はワインという魅力あふれるツールを使って、

イベントを企画構成し、演出、そして運営をしてゆくことなのです。

 

 

 

 


カテゴリー: 未分類 |