2012年5月
    6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
石田 博/ISHIDA Hiroshi
Sommelier's Note~ソムリエのネタ帳

1969年東京出身。90年ホテルニューオータニ入社。尊敬する先輩に憧れ、ソムリエを志す。94年よりレストラン ラ・トゥール・ダルジャン配属、フランス伝統の料理とサービスを学び、ソムリエとしてのキャリアをスタート。2000年、第10回世界最優秀ソムリエコンクールでは第3位になるなど数々の賞を受賞し、日本でも屈指のソムリエとなる。04年ベージュ アラン・デュカス 東京へ移籍、2008年より同社総支配人就任。2011年2月よりレストラン アイ(神宮前)のシェフソムリエとして勤めるかたわら、ホテル日航東京(台場)、同豊橋(愛知)の顧問も務める。講演、執筆、コンサルティング、教育活動など幅広く活動する



ルーツは「美食学」

みなさん、こんにちは。

このブログではワインとより楽しく、美味しく付き合うためのヒントや、きっかけとなるようなお話をしてゆきたいと思います。同時に、「ソムリエって、実際は何をする人なの?」という疑問にお答えすべく、ソムリエとその仕事についても紹介してゆきます。

ニューオータニ

まずは自己紹介を。

ホテル専門学校で受けた「美食学」という講座がきっかけでホテル料飲部を目指しました。
就職したのはホテルニューオータニ(赤坂)、かつて御三家と呼ばれた老舗です。そこには、かのトゥール・ダルジャンがあり、自然とそこで働くことが夢となりました。

 

しかし儚くもビュッフェスタイルのレストランに配属。そこに、とてもカッコいいソムリエがいたんです。次なる夢は、「ソムリエ」に。単純なんです。

しばらくして、田崎真也さんと出会いました。翌年に世界ソムリエコンクールで優勝されると、次なる夢は、「自分もコンクールで!」。

 

そんな頃ダルジャンへの異動が叶いました。幸運とは重なるときは重なるもので、コンクール優勝(国内ですが)も数年後に叶いました。

 

 

「ソムリエは、ワインだけじゃダメだ。マネジメントも勉強しないと!」と一念発起、レストランマネジャーの道に進みました。そのおかげで、一歩ひいた視点で、ソムリエという仕事、なすべことを考えることができたのです。

そして料理の大切さを改めて知ることにもなりました。レストランにおいて、ワインはより料理を楽しむためにあるものです。料理を引き立たせるには、知るべきはワインよりも料理のことですよね。このブログでは料理のこともたくさん取り上げたいと思っています。

そう、私のルーツは「美食学」だったのですから。 美食とは、美味しいもの、贅沢食材を堪能することではありません。 「食事を美味しく楽しむこと」 です。 家庭での食事、社員食堂、機内食にも、その考えは活かせるのです。 そのためのもっとも有効なツールのひとつがワインともいえるでしょう。

皆さんの食事が美食になるようなお手伝いができたら、幸いに思います。


カテゴリー: 未分類 | タグ: , |